Visual Sky

アクセスカウンタ

zoom RSS 知り合いの無事を祈り/自分自身、地震の恐怖が離れません

<<   作成日時 : 2011/03/13 00:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この度の地震におきまして
メールやメッセにて、安否の確認を
頂き、本当にありがとうございました。

昨日に引き続き、今日の朝も
メールが多く届き嬉しかったです。
普段滅多に会えない方からも
メール頂いたりもしまして。

ですが、まだまだ
予断を許さない状況です。
東北地方での、被害が本当に
凄い事になっております。
避難されている方が、一日でも
早く安心出来る事をお祈りしています。




























ここからは、
書こうかどうか正直迷いましたが、
自分は、思った事や言いたい事は
実際に表現しないと、伝わらない
尚且つ、自分の中でも納得出来ないと
言う、気持ちがありますので

自分への戒めも込めて
書こうと思いました。

(実際に、適切な表現では無い所もありますし、
自分でも、何も出来ていない自分自身何を言ってるのか。。。
ご覧になって、不愉快にるかもしれません。
あくまで、ここからは、自分の為に書いた様なものですので
気分を害されたら、申し訳御座いません)

※ご批判も、ごもっともと思いますが
コメント等、ご理解頂けたら幸いです。







先ずは、
地震と言う、事の発端から



自分の職場は
一般的なオフィス(通常はここに居ます)
更には、色々な職場を管理している
サーバセンターと、大まかには
この2ヶ所で成り立っています。

敷地内には、他に関連会社の方達も居ますし、
生産ラインの方達も居ます。

そんな中、午後から自分は
サーバ確認にて、別件で来ていた
方と2人サーバセンター内に居ました。

そして、
あの地震が発生。。。
最初は、ちょっと様子を見ようとも思ったのですが、
どうにも、揺れが尋常では無く。。。
各サーバが搭載されているラックの
揺れが、見た事無い揺れ方をしていました。

もう、これは危ないと思い、
もう一人に声をかけ、
『直ぐに出よう』と言い
その位置から近い扉を開けようとしましたが、
消防法の関係で、特殊な閉め方をしていて
開かず。。。

ちょっと遠いですが、
別な出口から出ました。
階段で、下りるも揺れて
中々上手く下りられず、
何とか建屋から出た所
2階のガラスが割れ
壁の破片が落ちてきたり、
止まっていたトラックが
異常な揺れ方をしていました。

不運な事に、上司が出張で居なかったので
即、事務所に居る方に連絡し、
外に出る指示を出しました。
全員の確認をした所で、○○部の指示通りに
とある広場の前に集合。

自分はその間に、
親に連絡をして、安否を確認。
(まだ、連絡が早かったので携帯が繋がりました)
そのまま、従業員んの状況を上司へ
メールのみ実施し、会社の安否確認
サイトからも報告を実施。(携帯から出来ます)

毛布の提供があったので、必要枚数だけ
入手して、渡したりしていた所
次の地震が。。。
地面が揺れる感じを初めて
体験しましたが、本当にこれは怖いです。
外から建屋が揺れているのが
まざまざと見えてしまったり。


そこから30分以上は外に避難していたと
思います。
その後、安全性を確認し解散となり
そのまま帰れる人は、帰宅の指示が出ました。

自分はそのまま
サーバセンターへ行き、センター内の状況確認を。。。
半ばあきらめていたのもあったんですが、
奇跡的にも、稼働中のサーバは無傷でした。
机とかは酷い状態になっていましたが。。。

それから、事務所に戻る途中も
事務所も酷い状態に。。。
壁が剥がれ、ガラスが割れ
デスクでは、自分の大切なブロマイド等が。。。

そして、メールを確認しても
何も来ていない。。。あれだけの事が
起こったのに?
他の部署に連絡した所、停電している事を
それで初めてしりました。
自分の居る敷地は、自家発電と
電気を取っている所が他と違う関係で
電気は無事なのです。

そこからは、
嫌な予感のしっぱなしとなりました。
この状況だと、
・東北・関東での安否確認が困難
・対策本部は、ちゃんと首都圏で主導権とれるのか?
・東北側は、対策室は難しいだろう。
・他のライフラインは?
・サーバ自体は無事だが、恐らくシステム上止まっている。。。
・他部署も含めて、インフラ復旧は?

家族の安全は確認出来ていたので、
自分の中で、思いついたのがこんな感じでした。

先ずは、関連会社とも話し合い
家族の安否確認出来ていない人や、
帰れる人は帰してしまいましょうと。
(サーバとかは、この際どうでもイイでしょって自分が。。。)

そうは言っても、帰る電車もストップしているので
自分は残ると共に、
対策本部が東京で設置されるも、回線が安定しないので、
代行で、自分が兼務。。。
尚且つ、現状の業務レベルがどうなっているのか?
復旧可能か?の確認。

取りあえず、2階の事務所で対応するのは
危険と、直ぐに出れる様に
1階のプレゼンルームに集まり
巨大スクリーンでテレビを放送。
○○部からは、泊まれる様に
毛布と、カンパン、飲み物、カロリーメイト、
ご飯(アルファ米)まで。

自分は、小さい会議室も借りて
そこにPC3台を設置。
・安否確認様・受付用
・業務確認・復旧用
・地震状況・レディコにて情報収集用

ここまでの設置で、取りあえず
地震から一息つきました。

ここで、自分の携帯に沢山のメールが
届いて居た事に気づきました。
もしかして、mixiも?と思い
メッセ等が来ていましたので、
即、無事ですって内容をコメントに。
(反応頂き、ありがとうございました)

それから、地元の友達達へもメールにて
安否確認をしていました。


それから、各対応を取っていて
業務は後回しとして
安否確認にて、東北の同僚の
安否が確認出来て居ません。
(携帯も、事務所も繋がらず)
一応災害ダイヤルも活用等
色々やって見ましたが、反応無し。

(実際に、未だに確認が取れておりません
本当に心配です。)
















そして。。。

ちょっとmixiにて
他のみなさまの確認でもしようと
思った所。。。

ここで見てしまったのが、
本当に失敗だったと、何回も思いました。

mixiのつぶやき。。。

○○のイベントが延期。。。
○○のライブが延期。。。
○○のアニメが今日は放送しない。。。
遊んでいる内容のつぶやき。。。

ごめんなさい、そんなの
どうでもイイんですよ!

正直、信じられなかった。。。
何で、こんな事言えるんだろう。。。
停電で苦しんでいる方も居ます。
何より、この地震で亡くなった方だっているんです。
それに、自分何かは全然たいしたことが出来ておりませんが、
現地で一生懸命になって、救助活動で頑張っている方達がいます、
普段は皆不満だらけですが、お国の上層だって頑張っていますよ。

何か協力をと言っているんではありません、
最優先は、みなさまご自身の安全なのですから。
でも、人として『モラル』ってありますよね。

つぶやきの非表示とも考えましたが
自分はそれ見てから、
さっきまで、mixiを見るのをやめました。。。

何か、寂しくて・悔しくて
涙ぐみながら仕事進めてました。。。



そんな中でも、合間合間で来る知り合いの
安否確認でメールが来ていた事が凄く救いでした。
後、母○子から、愛犬の写メが送られて来たり。
あ〜これだけで、まだ頑張れるな〜と。


















それからも
確認等を続けていて


翌朝7時に、
再度、メンバー集合して

自分が持っていた、業務を
引き継ぎ。。。

自分含め、3人で更に
被害がひどかったであろう
県北のサーバセンターへ。。。
電車が結局、午前中もストップしていたので
タクシーで。。。
道が陥没していたり、家が若干崩れていたりと
本当にひどかったと、見せつけられました。

そして、現地に着いてみると。。。
停電の影響で、全システムがダウン。。。
電気が通って来たのを確認してから
起動〜確認と進めて行きましたが、
思ったよりも、障害が少なくて
比較的、復旧は工数少なくてどうにかなりました。

ただ、他のセンターとの連携の問題がありますが
それは、来週へと。。。



そこから、再度戻る途中で

取りあえず、まだ帰ってないんだから
一回帰った方がイイと言われ。
自宅前で降ろして頂き、部屋を確認。。。
思ったよりも、被害無いです。

それから実家へ
即、愛犬が出て来ました。
何時も通りの無邪気な顔してんな〜と
久々に笑った気がします。
で、家族の安全もちゃんと目にした所で




これから、再度職場に戻ります。



まだ、安全が確認出来ていない同僚がいますし、
こう言う時だからこそ、皆で協力しなくては
行けませんので。



※mixiの件では、自分勝手な意見だなと。。。
そう思ってはいますが、素直な思いです。
批判コメントあれば、削除した後
今後、自分の日記更新も控えようとも思います。
















こちらに関しては、
自分ですので、ちゃんと確認しております。

愛生ちゃんの夜の更新での
安全確認と、
新しい更新。。。
安心したのと、
何か、落ち着くことが出来た気がします。

本当に無事で良かった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
知り合いの無事を祈り/自分自身、地震の恐怖が離れません Visual Sky/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる